トップページ  >   特集トップ   >  バイオマスであたたまる
くり坊 木質バイオマスであたたまる

原発の代替エネルギーとして再生可能エネルギーに注目が集まる中、多摩地域においても木質バイオマスエネルギーの取り組みが進められています。
今回の特集では、平成24年から木質バイオマスボイラーの稼働を始めた3施設にスポットを当ててみました。
地域の資源を使って地域のエネルギーを供給する取り組みによって、エネルギーとしても東京の木が有効に利活用され、温暖化防止につながっています。
たまには東京の森や環境について考えながら、木であたためたお湯に浸かってのんびりしてみませんか。

(1) 薪の温泉であたたまる~檜原温泉センター数馬の湯 
(2) 剪定枝の足湯であたたまる~八王子市北野清掃工場ポカポカ足湯
(3) チップの温泉であたたまる~奥多摩温泉もえぎの湯
サイト内の関連リンク
ページ上部へ