トップページ  >   特集トップ   >  木づかいのある暮らし
くり坊 木づかいのある暮らし

日本人は昔から木に密着した暮らしをし、木の文化を上手に生活のなかに取り入れていました。近代化により身の回りに化学物質があふれるようになりましたが、今再び人々が木の文化を求めているように思えます。「地産地消」を考えれば、東京の木を生活に取り入れていきたいもの。でもどうしたらいいの…あまり堅苦しく考えず気楽に楽しく東京の木とつきあってみませんか。

2008.6.13 掲載

(1) 東京の木・・・つくる人 木工房&茶房「Forest’s Poem もりのうた」(東京・檜原村)
(2) 東京の木・・・つかう人 上田みや子さん(東京・あきる野市五日市在住)
(3) 東京の木・・・もてなす人 檜原村役場内にある喫茶室 せせらぎ(東京・檜原村 村役場内)
ページ上部へ