トップページ  >   特集トップ   >  東京の木・多摩産材を使おう!

くり坊 東京の木・多摩産材を使おう!

多摩地域には、東京の森を支える方がたくさんいらっしゃいます。
日本の森林を健全に育てていくために、公共の建築物などで国産の木材(国産材)の積極的な利用が進められる中、東京の木材である多摩産材にも注目が集まっています。
平成28年11月には、「多摩産材利用拡大フェア」も行われ、多摩産材を利用した製品を取り扱っている企業が、多摩産材製品の魅力をPRしました。

多摩産材利用拡大フェアの様子 多摩産材利用拡大フェア・セミナー

今回の特集では、多摩産材の利用について、多摩産材の情報窓口である多摩産材情報センター及び、多摩産材の利用に取り組み、スポンサーとして森と木WEBサイトを支えてこられた2社にお話を伺いました。

プラセラムブース 帝国器材ブース
(1) 多摩産材の情報窓口~多摩産材情報センター 
(2) 公共施設に多摩産材を~帝国器材株式会社 
(3) 含浸技術を応用した健康木材~株式会社プラセラム 
ページ上部へ